雛鮨 西銀座店 握り寿司食べ放題~!

久々にお寿司を食べに行きました。

以前渋谷にあった雛鮨がなくなり、とても残念なのですが、

銀座の雛鮨へ行ってきました。

2時間の飲み放題・食べ放題のコースは5200円。

雛鮨01

三つ葉の香りの豊かなお味噌汁、柚子の風味がいい茶わん蒸し、

どちらともお替わりは欲しいだけ注文できます。

雛鮨02

注文票に欲しいネタを選び注文します。60種類もの中から選べます。

雛鮨05

一回当たりの注文が最高20個までとなっています。

雛鮨03

お一人様1個限りというクロマグロは中落ちを注文しました。

雛鮨04

ご飯がメインの握りですが、思う存分食べ飲み楽しみました♪

スーパーでは入手できないネタが沢山。

そろそろ大食いチャンピオンに出れるかも!?といつも思いつつ…

美味しくいただきました。でも、出来れば渋谷店の復活を願っています。

【店舗詳細】 雛鮨 西銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座4-1番先 西銀座デパート2F
03-3566-4077
スポンサーサイト

テーマ : お寿司
ジャンル : グルメ

嬉しいお便り 銀座割烹里仙「七夕月のお品書き」

昨日ポストに届いていたお便り、開封する際、ワクワクしました。

銀座にある割烹里仙さんから来店のお礼のお手紙でした。

その時に頂いた食事の内容を描かれたお便りと手書きのお手紙。【 過去記事

銀座割烹里仙

嬉しいものですね。

こういった心遣いがサプライズで心温まります。

この暑い中、涼しさを感じる一筆。また行きたいです。

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

七夕のお料理に舌鼓 「銀座割烹 里仙」 大人の銀座のお店

デパートや一流ブランド店の多い銀座にある「銀座割烹 里仙(りせん)」。

創業大正13年、という長い歴史をもつ高級料理のケータリングやパーティー料理、

おせち料理で有名な東京正直屋さんの割烹料理店へ行ってきました。

銀座割烹 里仙銀座割烹 里仙 入り口

銀座割烹 里仙銀座割烹 里仙(RISEN)

店内に入ると、お香の香り。昨年の10月にオープンしたお店は木の香りもします。

カウンター席に通されたのですが、これが、無垢材の一枚物の木曾檜のカウンター。

銀座割烹 里仙七夕月のメニュー「天仙」と木曾檜のカウンター

カウンターからその芳しい木の香りを出していたんですね!

私にとって、檜はとても懐かしいものの一つです。

実家の新築立替の際、父が懸命に探していた檜。

木にこだわり、実家の玄関ホールは檜。何度もケントクで床磨きをしたものです。

カウンターから発せられる自然な香りが安らぎを感じます。

これからの月、七夕(たなばた)のお品書きを見ながら箸を進ませました。

銀座割烹 里仙先附の一つ目「蛍篭」(見るのは初めて!)と南紅梅の食前酒

七夕を感じるお品書き構成は、先附から満喫させてくれました。

小笹の葉が涼しげで、季節感を出し、その下が、蛍篭。お皿は団扇型。

見ているだけで絵になる一皿。これからの季節を感じさせてくれます。

銀座割烹 里仙先附 蛍篭

一番上にあるのは、お大根を、鮎の型で抜いたもの。

職人さんが、他のお客様の準備をされているのを目の前で見ていたのですが、

お客様が来られるタイミングを見計らって野菜を切り、型抜きをしていました。

一度に沢山下ごしらえをしてラップして準備しておく、というのではないのです!

カウンターではそのような厨房のお仕事もよく拝見出来ます。

お料理は、唐墨焼きと、七夕の短冊の形になった鮑塩蒸、

蜀黍糝薯、海老蒲鉾、あぼがど蒸です。

銀座割烹 里仙琵琶湖の鮎

後に出されるお料理の素材「鮎」を見せていただきました。

「焼くのに時間が掛かるので、別の鮎をお見せしますが、琵琶湖で育ったものです。」

まあ!活きが良く、動き回るので、写真にうまく入ってくれません!

器の中で泳いでいたのですが、その中で波も出来るほど元気のいい鮎達。

焼かれている鮎はカウンター席からだと良く見える場所。

近くでその仕事を見ることが出来ます。

銀座割烹 里仙備長炭を使って40~50分念入りに焼き上げる鮎

何度も何度も焼き具合を見て、本当に丁寧なお仕事をされています。

ちょっと焼物の方に目を向けている間に元気な鮎が飛び出しました!!

銀座割烹 里仙躍り出た鮎。活きがいい!

料理長と仲居さんが大慌てで拾い入れたところです。

そういうハプニングの時でも私達にお水がかからないように手で壁を作り、

すぐにお絞りを用意してくださいました。面白い体験が出来ました。

銀座割烹 里仙先附の二つ目 枝豆雲丹(二人分の貝のお皿を寄せて撮影)

平安時代の貴族の間で遊ばれた「貝合わせ」。素敵な器に盛られています。

銀座割烹 里仙お椀 白子葛寄せ

まず目に入ってくるのは白子の葛寄せの上のかわいいトッピング。

器全体を天の川に見立てたお吸い物になっているのです!

星に見立てたカラフルなタピオカ、海ぶどうが天の川、

お椀の黒が夜空をイメージして盛りつけられています。

食材の組み合わせも遊び心があり、食べる人の気持ちをワクワクさせてくれます。

銀座割烹 里仙鈴木料理長による鱧(はも)切り

ちょうどお椀を食べている頃、料理長が目の前でジャクジャクジャクジャク♪

鱧に入っている沢山の小骨の下処理の「鱧切り」を拝見しました!

「1cmに12回以上包丁を入れます」 RISEN facebookより。

スゴイ技ですね。小刻みに、しかも皮を切らないように細かい切りこみを入れて

小骨を切っていきます。最高の技量を必要とするという技。さすが料理長!

下手にこれをやると身が細かく潰れてミンチ状になってしまうそうです。

菊花大根を作る時も下まで切り離さないように大根の手前と奥側に竹串を置いて

貫通しないように作ったりしますが、全く何もない状態での骨切り。

骨を切っている音が普通の音とは違い、まな板に届いていない音です。

銀座割烹 里仙造り 冷やし鉢

涼しげな四角い氷の上に盛り付けられたお造りは、

大きな甘い牡丹海老、星鰈、あおり烏賊、トロ。

お隣の席の方へ提供するお料理、予約の方のお料理の準備、そして私達の料理、

カウンター越しの料理長は、鱧切りをされながらも次の提供順番を伝達されていました。

鮎の焼き具合や、その時のタイミングを見計らいながら音楽のように流れていました。

銀座割烹 里仙煮物 鱧しゃぶ

先ほどの鱧切りされていた身を目の前で作っていただきました。

だしの中で白い花のようにパッと身が開くのが見れました!

銀座割烹 里仙

「特製の漬けだれ」につけていただきました。

本当に見事に小骨が切られて、身の旨味とふんわりとした食感。また皮の柔らかいこと!

今の時期からが鱧の美味しい時期。味わい深い一皿でした。

こちらのお店はちょっとした芸術品がある、と聞いた事があったので、

仲居さんに案内していただきました。

銀座割烹 里仙小林一茶の書のある個室

銀座割烹 里仙勝海舟の掛け軸

他にもあるのですが、すべて間近に飾られています。詳細はこちら>>

このお店のコンセプトは、五感を超えて「八感」で客を愉しませること。

最高の食材や食器を使い、上質な器や装飾品を身近に感じることが出来ます。

さてさて、鑑賞をして戻ってきた時に、また驚きの一品が用意されていました!

銀座割烹 里仙箸休 竹筒 ヴィシソワーズ

七夕伝説の竹取物語。竹やぶから現れたるは…幻想的な世界。

竹の側から白く、モクモクと沸き立ってくる霧。

この演出は予想もしていなかったので、本当にびっくりしました!

その種明かしはしないでおきます。楽しみは実際にお店で味わって下さいね。

銀座割烹 里仙

蓋を開けると中にはヴィシソワーズ。

その中には軽く炙ったホタテと蓴菜(じゅんさい)も入っています。

生に近い炙ったホタテの香りとその甘みが口の中で広がりました!

銀座割烹 里仙焼物 鮎のかりかり焼き 櫓(やぐら)盛り

先ほど見せていただいた鮎。今まで食べた鮎とは全然違うお味でした!

銀座割烹 里仙

「手で持ってスナック感覚で食べれますよ」、ということで、持ってみました。

「軽い!」とても軽くカリッカリに焼き上げられ、それでいて身はやわらか。

味わい深く、クセのない鮎。今まで食べてきた鮎は何だったんでしょう。

銀座割烹 里仙おもしろワイングラス

こちらに変形したワイングラスがあると聞いていたので白ワインを注文。

仲居さんが、温度計を使って適温に冷やされた白ワインを、

「お味を飲み比べてみてください。」

と普通のグラスと楕円のワイングラスに注いでくれました。

すぐにその違いに気付きませんでしたが何度か飲むとその違いがよく分かりました。

奥に見える丸い形の容器に液体を流すより、楕円に流して飲む方が分子が散って

美味しくなるそうなのです。空気の当たる面積も違うので美味しさが違うようです。

このグラスはソムリエさんが考えられたものだそうです。

グラスにはお店の「里仙」の印字がありました。

銀座割烹 里仙止肴 北寄貝、のり酢、岩かき

こちらの岩かき、身が大きくぷりっとした大粒。新潟で育ったものだそうです。

身が大きいのに大味でなく、甘みたっぷりでミルキー。岩のりのお味がぴったり!

ここでまたちょっと名画鑑賞に。

銀座割烹 里仙竹内栖鳳 画

近代日本画の巨人として、美術館で「竹内栖鳳展」を開かれている有名画家。

この絵を見ると先ほどピチピチと飛び跳ねて出てきた鮎を思い出しました。

こちらも個室に普通に飾られています。なんと贅沢な空間でしょう!

銀座割烹 里仙釜で炊いた雲丹ご飯

お釜で炊かれる雲丹ご飯は、お客様(組)毎に一釜一釜、丁寧に炊かれていした。

お米は北海道産。ふっくらとしたご飯は、ほんのり甘味があります。

銀座割烹 里仙食事 枝豆と雲丹ご飯 香の物 赤出汁

こちらの赤出汁の器も珍しい竹食器の一つ。料理を引き立ててくれます。

銀座割烹 里仙デザート 人参とマンゴーの寒天ゼリー、クリーム添え ゴマ豆腐、黒蜜

料理長の鈴木さんは、日本料理研究会師範、日本全職業調理師協会理事、

平成18年度東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞受賞の実力派。

そう聞くとお硬そうな感じに聞こえますが、やさしい笑顔で、

お料理の説明や調理方法のお話をカウンター越しに伺いながら、

終始美味しくお料理を堪能させていただきました。

帰る間際にお隣のお客様がイラスト入りのお品書きを見せていただいていたのを見て、

私も好きなので拝見していたのですが、「どうぞ」と言われ、ありがたく頂きました。

全ての感覚を研ぎ澄ませてお食事を頂きました。満ち足りた気分でいっぱいです。

銀座割烹 里仙菖蒲月(五月)・牡丹月(六月) お品書き

毎月のスケッチ入りのお品書きは、大学の先生によるものだそうです。

【 店舗詳細 】
銀座割烹 里仙
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-7
TEL 03-3569-1521
アクセス 地下鉄銀座線銀座駅A2番出口 徒歩5分
     JR新橋駅銀座口 徒歩6分

大きな地図で見る

テーマ : 日本料理・寿し・割烹料理
ジャンル : グルメ

        
*プロフィール

Kayleen

Author:Kayleen
ご訪問ありがとうございます。
日々見つけた小さなことやお勧めの場所、店、物などを綴っています。
よろしくお願いします。

        
*旅ブログ
自作旅
2016 夏旅 ヨーロッパ


のんびり投稿をしていきます。


2016 in マルタ


現在はお休み中

2015 夏旅 ヨーロッパ

2015年 オーストリア・ハンガリー・チェコ・ドイツ
未完成
マイブックにてフォトブックを公開中

Thermen in Europe 2015 Summer
うれし、はずかしヨーロッパ温泉旅


2014 夏旅 ヨーロッパ

2014年 フランス・ベルギー・イギリス
未完成いつになるやら
        
*おススメ 美容・コスメ

私も息子のアトピーには悩みました。

アトピーの体験記事はこちら>>


続けたいジェリー
記事はこちら>>
        
*最新記事
        
*参加中
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

        
*検索フォーム
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*相互リンク
        
*ランキング
        
*最新トラックバック
        
*RSSリンクの表示
        
*QRコード
QR