楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

栗の渋皮煮を作りました。

先日の記事に引き続き、買ってきた栗を渋皮煮にしました。

栗の渋皮煮の材料は、鬼皮を除いた栗と重曹と砂糖としょうゆだけ。

鬼皮を剥いた後、渋皮の状態で水につけて重曹を小さじ1杯ほど入れ、

つけ汁ごと中火にかけ沸騰したら水を弱めて静にゆでていきます。

しばらくゆでてから茶色くなったゆで汁を半分ほど捨て、

後は鍋のふちから少しずつ水を注ぎ、ゆで汁と水をきれいに入れ替えます。

傷か付かないようにやさしく。

栗を取り出し、指でこすってかたい筋やうぶ毛を取り除きます。

皮を掃除した栗は一度、別の水の入ったボウルに入れていきます。

全部取り除いたら、もう一度皮の掃除をし、これを3~4回繰り返します。

結構手間ですが、きれいな渋皮煮ができる大切なところです。

栗の渋皮煮
左が取り除いた後。

栗の渋皮煮
これは2回目の掃除後の状態。

栗がかぶるくらいの水を鍋に入れ、砂糖を約600g(鬼皮除いた栗1kgに対し)入れ、

砂糖を煮溶かし、そこへ掃除をした栗を入れ、厚手のキッチンペーパーをかけ、

くずれないように弱火で、甘みがつくまで煮ます。

最後にしょうゆを小さじ2杯加え火を止め、一晩おいて味を含ませます。

ツヤのある、きれいな渋皮煮が出来上がりました。

栗の渋皮煮

お世話になった方にお味見程度の量ですが、瓶詰めにしました。

栗の渋皮煮

お正月にでも食べれるよう、我が家用は大きい瓶に。瓶詰めで室温で1年OKです。

栗の渋皮煮

渋皮煮は、日本版のマロングラッセ、と言えるような感じのお菓子ですね。

ねっとりとしてコクのある味は、甘露煮よりも好き、と言う人も多い渋皮煮。

生の栗が出回っている今しか作れない、これも秋ならではのお料理です。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment