楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

2014年春 北海道 5日間 第4日目

北海道、4日目 2014/04/05(土)。

昨夜からの雨は雪に変わり、積もっていました。

インターネットがあると色々と検索が出来て便利なのですが、

雨の日にお勧めの場所を探すのは結構難しく、明け方まで調べていました(^_^;

今回の旅行は、レンタカーは使わず、公共の交通機関での移動、

昨日の「シャトレーゼ・ガトーキングダム・サッポロ」のような、

便利な所を探しまわりました。

決めた場所は、定山渓温泉。

定山渓温泉にある旅館・ホテルから送迎バスサービスは、

あるにはあるのですが、チェックイン&アウトに合わせた、

お泊り客の為の送迎向けになっているのが殆ど。

あきらめかけていた時に見付けたのが、「定山渓鶴雅リゾートスパ 森の謌」。

完全予約・定員制なので、すぐに電話予約しました。

札幌地下鉄 真駒内駅まで迎えに来てくれます。

予約はしたものの、まだあきらめがつかず、粘ること数時間…

出来れば、札幌駅に送迎バスのあるところがないものかと必死に探し、

見付けました!「湯の花 定山渓殿」。

湯の花01

昨日と同じ場所、札幌駅北口の団体バス乗り場よりバスが出ています。

写真の一番奥に泊まっているバスに乗車。9:30出発です。

湯の花02

小さなミニバス位だろうと思っていましたが、ゆったり広々。

睡眠不足でここまで来たので、道中はしっかりと睡眠をとりました。

湯の花03

約1時間30分で到着です。さあ~温泉、温泉。

湯の花04

新しい建物で、清潔感のある場所です。

湯の花05

入湯料は(13歳以上)大人が800円。(バスタオルやタオルは含まれません。)

湯の花13

湯の花12

お風呂は、和風風呂・洋風風呂の2つあり、男女日替わりで入浴できるそう。

私たちが入った方のお風呂の内湯は、

道後温泉を模して造られている説明が書かれていました。

内湯には、大浴場、アクティブスパ、打たせ湯などがあります。

(リンスインシャンプーとボディーソープ、ドライヤーあり)

湯の花08

露天風呂に出ると、寒い!時々雪が降っていました。

お天気が良ければ、外の景色もさらにはっきり見え素敵だと思いますが、

この景色も風情があってよかったです。

新緑の頃はさらに良さそう!

湯の花09

この露天風呂と、寝転び湯、洞窟風呂が屋外にあります。

お風呂を満喫した後は、ランチタイム。

湯の花06

食券を購入して、空いているスペースを陣取ります。

湯の花07

この写真は到着した後に撮ったので、がらんとしていますが、

入浴後に行くと、他のお客さんもランチタイムで賑わっていました。

床のカーペットはホットカーペット。湯上り後も体が冷えず、いいですね。

湯の花10

北海道のB級グルメの一つ、ラーメンサラダを注文。

左にあるのは、他のオーダー品を待つ間に渡されるブザー音の鳴る機械です。

ラーメンサラダは、サイドメニューだっただけに、量は少な目でした。

冷麺とどう違う?!とか話しながらいただきましたが、美味しかったです。

湯の花11

もう一つ、B級グルメのあんかけ焼きそば。ボリュームたっぷりでこれも美味。

定山渓温泉湯の花
住所: 〒061-2302 北海道札幌市南区定山渓温泉東4丁目330
電話:011-598-4444




雪で足元が悪くなかったら、近辺を散策に行きたいところだったのですが、

あいにくのお天気でゆっくりと広間で過ごしました。

北海道に来てまで、娘の春休みの課題に追われていました!

定山渓温泉湯の花 15:00発→札幌駅北口 16:30着で戻りました。

電車やバスを乗り継ぐこともなく定山渓温泉に行けて、しかもバス送迎は無料。

こちらも、雨の日・雪の日でも楽しめる観光スポットでおススメです。

札幌駅に到着後は、滞在先のクロスホテル札幌へ。

体がまた冷えてしまったので、ホテルの大浴場へ。

クロスホテル札幌01

大浴場横にあるラウンジからの眺め。大浴場からも同じような景色が見られます。

クロスホテル札幌02

他にお客様がいなかったので撮影しました。

モダンなお風呂の壁には、映し出された時計が見えます。(動いています。)

クロスホテル札幌03

パナソニックのヘアドライヤー・ナノケアが置かれている、着替え/化粧室。

クロスホテル札幌04

前の記事に書きましたが、部屋のカードキーをエレベーターの指定の位置で

かざさないと、各宿泊フロアや大浴場のフロアへは行けません。

セキュリティーの面でも、ロケーションも、清潔感も、サービスもバッチリ。

クロスホテル札幌は、旅行中の滞在先として、ゆったりと、快適に過ごせました。

夕食は、近所にある「北海道らーめん奥原流 久楽 本店」へ。

久楽01

店構えからは、ラーメン屋さんだと最初は気付かず、通り過ぎていました。

久楽02

JALの機内でもらった期間限定の無料情報誌「ハピリカ」で味玉サービス!

久楽03

最後の夜は味噌ラーメンで〆ました。梅ペーストが上にのっています。

気付かず食べてビックリ!以外に合います。体も温まりました。

北海道らーめん奥原流 久楽 本店
住所: 〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西1丁目 ピア2・1 1F
電話:011-251-8824

ビューテリジェンス

コンパクトで旅先にも持って行っている、美顔器のビューテリジェンス。

こちらは、軽量で、お風呂場でも使え、どこにでも持ち運びしやすいので

この旅行でも大活躍してくれました♪
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment