楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

味も材料も、足し算したり、引き算したり。

サンキストオレンジジュースとサンキストオレンジの果実を使ってゼリー作り。

今回は小袋のゼラチンパウダー「ゼライス」を使いました。

一袋5g入りで250cc(型抜きしない場合300cc)のゼリーが出来ます。

さすがにアバウトレシピでも、この量は量っています。

昔からのやり方で最初に水にふやかして作ってしまいます。

昔のゼラチンはそのまま入れようものならだまになって大失敗でした。

今はそのまま振り入れたのでいいから便利になったものです。

それでも昔流でやっているとは・・・慣れとは怖い!

オレンジ07

コップの下にオレンジジュースのゼリー500cc分、それが固まりかけた頃に

ゴロゴロに切ったスポンジをのせ、その上にオレンジの実と、

ヨーグルトと牛乳とオレンジカルピスと水を合わせて合計500cc分の液。

いつもこんな作り方なんです…

500ccのゼリー液の中でやるべきことは…と考え、

昔流に、粉ゼラチン1袋(5g)をふやかすための水(白ワインでも)は50cc。

今回2袋(10g)だったので、水を100cc。

ゼラチンは80℃以上液体で溶かすので、そのために沸かすのを今回は牛乳に。

となると、ゼリー液:500-水:100=400、残りは400cc必要。

全部を沸かしてしまうと冷ますのに時間が掛かるので、

沸かす量はその半分の200ccに。残り200ccはヨーグルト。

配合はどんなにでも変えられます。

ヨーグルトがなければ全量牛乳でもいいし、配合は自由。

その200ccの牛乳を沸かす時に砂糖(大体大さじ4)を加え調味。

この後ヨーグルト200ccも加えるわけだから、ここでやや甘めに味付。

ふやかしたゼラチンがきれいに溶けきったら鍋ごと冷やし、

ゴムベラでかき混ぜ、あら熱が取れたら、ヨーグルトを加え

ちょうどカルピスオレンジがあったので、それもちょっと加え、

よく混ぜたゼリー液をコップに流し入れ固まるまで冷蔵庫で冷やします。

冷たいものを加えると、ゼリーが固まるのも早くなりますよね。

今の時期、暑くて氷水につけておいたくらいではゼリーも固まりませんから…

オレンジ08

足し算や引き算をするように材料を加えたり、足りない分は他で補ったり、

色々アレンジが楽しめるから、創作力が湧いてきます。

オレンジ09

夏は冷たいものが食べたくなりますね。

上にバニラアイスをトッピング。冷凍庫に買っておいたのがあったので加えました。

スポンジ生地を真ん中に挟んだのが、ゼリー液がしっかり染み込んで

ふわっとしたムースのようになって、美味しかったです♪
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment