楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

「こんにちは。」の挨拶の難しさ

フランスに行った時に気付いたことなのですが、

バス車内でチケットを購入する時、スーパーで会計する時、

気持ちいいくらい自然に挨拶を交わしています。

見た目怖そうな方も、鼻に口元、耳にピアスをしている方も、

老若男女を問わず互いに挨拶をしています。

ボンジュール"Bonjour"、ボンソワール"Bonsoir"、という挨拶!

それに加え会計後はさようなら、とかよい一日を。という一声。

これって当たり前かもしれないのに、日本では全くと言っていい程ない!!!!!

おかしいじゃない?子供には挨拶をしなさい!って言っているのに・・・

一昨日主人に「私明日から自分から挨拶していく!」と言い切ったのですが、

昨日バスに乗った時もそういう雰囲気に全くならず…

スーパーでも全くそういう感じじゃなく、

と相手の流れを言い訳にしているようですが、

まず挨拶をしにくい雰囲気があるのです。

スーパーではまず「いらっしゃいませ。ポイントカードはお持ちですか?」

「はい。」←ここで先に「こんにちは。ポイントカード出します!」と言えばいいのだろう…

店員さんが「ありがとうございました。」←ここで「ありがとう。Have a nice day!」

と伝えられたら!と、もどかしい気持ちで一杯でした。

周りを振り返っても挨拶している人なんて居やしない!

これって悲しいなあ、親しみやすい店・バスとは言えないなあ、と感じました。

丁寧な対応をしてくれているのはとっても分かるのですが

親しみを感じるか?と言われるとそれは感じません。

これが日本的なのかもしれませんが、

私はもうちょっと頑張ってみようかと思います。

子供が一緒だとかなり嫌がられますが、普段の買い物の時にはいないので…

挨拶をすること、されることの気持ちよさ、

相手の事を感じる考えられる一瞬、

笑顔になれる時。

スーパーのレジの方も何度か対応してもらうとお互い知っている筈。

全くの他人でも挨拶によって広がる輪もある、心に響くものもある。

『挨拶』の大切さをもっと感じて意識していきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment