楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

秋田 強首温泉 樅峰苑 内湯と夕食

露天風呂のこもれびの湯に入った後は、内湯のひのき風呂へ。

 強首温泉21

露天風呂にはシャンプー類が一切置かれていなかったので、体だけ温まりました。

内湯に入ってメイクオフ、洗髪し、体を洗った後、お風呂につかりました。

手で湯をすくい顔にお湯をあてると、目がビックリ (@_@) 、口がビックリ。

しょっぱいのです。にごったこちらの温泉の湯は結構な塩味。

温泉で体も温まり、用意されていた作務衣(男性は浴衣)に着替え夕食へ。

 強首温泉22

宮大工が作り上げた鹿鳴館風の階段をおりて1階の大広間へ。

 強首温泉13

夕食のメニューはこのような内容でした。

 強首温泉14

 強首温泉16

こちらの名物料理「コイの甘露煮」。骨まで柔らかで甘口のお味。

 強首温泉15

つい数日前に、新聞記事でこちらの宿が紹介されていたようです。

 強首温泉17

鰰(ハタハタ)はたっぷりの子が詰まっています。

噛む度にプチプチと音が聞こえます。

子に栄養を取られているのか身は引きしまった感じでスリム。

 強首温泉19

5代目館主となるご主人が振り子時計や囲炉裏、書の解説をしてくださいました。

強首温泉28

近くの雄物川でとれるこちらの川ガニは、高級素材の上海ガニと同じ種類だそうです。

唐揚げにされたこのカニは、甲羅以外は全てバリバリと食べられます。

 強首温泉18

川ガニのつみれの入ったお味噌汁とあきたこまちの白ごはん。

 強首温泉20

食後に写した食事会場となっていた大広間。四十畳もあるそうです。

バサッと外では雪の落ちる音が響く厳かな雰囲気。



12月末で切れるじゃらんネットのポイントを使い切ろう、と

スマホをテザリングして持って行っていたPCで次の旅を予約。

2014年は旅三昧でしたが、2015年もそうなりそうな流れになってきました。

ワクワクです♪

秋田 強首温泉 樅峰苑
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment