楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

3泊5日 ヴェネツィア 観光1日目 満潮と雨

朝、窓を開けると外は雨。

出発ギリギリに折り畳み傘を持って出たのですが、正解でした。

あと、2月のイタリアは温かな格好をして、防寒するのをおススメします。

特に、雨の降る冬のヴェネツィアは海沿いでもあるので風が強く寒いです。

普段、日本でも半袖でキッチンに立っている私でも今回は寒かったです。

また、防水のブーツで来ればよかったな、と思いました。

寝る前にエアコンをつけ忘れていた為、寒さでガクガクしていたのですが、

シーツにしがみついて寝ていました。

余りの寒さで夜中に主人がエアコンをつけるために動いてくれていたのには

私も娘も全く気が付くこともなく熟睡していたようです。

朝方賑やかな音楽が鳴りました。

あの音楽が満潮を知らせるものかどうか聞き忘れたのですが、

時間さはありましたが翌朝も音楽が流れていました。

ベネツィア観光1日目01

ホテルを出ると、前の晩に見た台が並び、その上を人が渡っていました。

ヴェネツィアの街が浸水してしまう為に使っていた足場の台だったのです。

満潮になってたのです。

まだ、この状態はたいした水嵩ではないのですが、

これは今までここに来た時に見た覚えがなく驚きました!

「アックア・アルタ」という現象だそうで、南風や大潮、気圧の変化でなるそうです。

この時期は毎日同じ時間に浸水するのかと思っていましたが、

そうではなかったようです。(翌日も同じ時間に同じ場所を見ましたが違いました。)

ベネツィア観光1日目02

冷たい風と雨の中、歩きでサンマルコ広場に行くのは大変だろう、と、

FERROVIA S.LUCIA(国鉄駅)より水上バス(ヴァポレット)にて移動しました。

島内は車は走っておらず、交通は水上バスかゴンドラ、歩きとなります。

ベネツィア観光1日目03

1日券(24時間有効)のヴァポレットのチケット(20€)を購入しました。

乗船前にチケットを機械にピッとかざして、乗りたい方向の船に乗ります。

ベネツィア観光1日目04

ヴェネツィアの町中でよく売られている携帯長靴、満潮時にも便利そう!

ベネツィア観光1日目05

甲板に出ているのも厳しいほどの寒さ、船の中で到着を待ちます。

船での注意点は、「リュックは前にかけて、スリにご注意!」

旅先で盗難にあって時間を割かれるほど馬鹿らしいことはありません。

空港に迎えに来てくれたJTBの現地係員は在住30年と言われていましたが、

その方も去年スリにあったそうです。あっという間になくなっていたとか…

恐ろしいものですね。

ベネツィア観光1日目06

到着。こちらも足元が大変!これは長靴で来てもよかったかも・・・

このように潮の満ち引きで変化する地形のヴェネツィア、

この足場の悪い湿地帯に街が出来たのは約5世紀頃、

元々の住民ベネト人は、ゲルマン人のイタリア本土侵略から避難するために、

攻められにくく敵から自分達を守りやすいこの地に来たのが始まりだそうです。

この土地を知らない侵入者が追ってきても攻め入ることが出来なかったそうです。

こうして避難した人々はここに暮らし続けるようになったそうです。

今私達が抱える地球の温暖化と海面上昇により、街が沈まないよう祈るばかりです。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment