楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

2015年春 北海道旅行 第5日目 その4

小樽スイーツ食べ歩きの後は、前日に行った湯の花の別館「手宮殿」へ。

今回は小樽駅前より無料送迎バスで向かいます。

こちらも「湯の花送迎バス」の掲示された看板がないバス停から乗車です。

場所はJR小樽駅を背にして左方向、小樽駅前郵便局前からとなります。

20150319 小樽湯の花手宮殿01

今回の送迎バスは小さ目。昨日行った朝里殿と小宮殿を結ぶバスとなるので、

札幌市内から両方のお風呂をはしご利用することも可能です。

昨年ローカルバスでおたる水族館へ向かったので懐かしい感じです。

20150319 小樽湯の花手宮殿02

こちらも一般の方の駐車スペースも広々しています。

20150319 小樽湯の花手宮殿03

料金は手宮殿も朝里殿も650円。リンスーインシャンプー等もあります。

タオルやヘアケア、ボディケアなどはいつも持参しているので問題ないのですが、

手ぶらで行きたい人にもありがたいですよね♪

20150319 小樽湯の花手宮殿04

館内、想像通り、どこの湯の花も同じ仕様です。

20150319 小樽湯の花手宮殿05

マスコットキャラクターのゆうゆくん、今日も出迎えてくれました。

洋風風呂の日でした。

大浴槽(浅瀬湯あり)、気泡風呂(ジャグジー)、寝湯、打たせ湯、

ミストサウナ(湿式)、ドライサウナ(乾式)、アクティブスパ(洋風のみ)

そして露天岩風呂があります。

20150319 小樽湯の花手宮殿06

こちらも2階にセルフサービス形式の食事スペースがあり、

20150319 小樽湯の花手宮殿07

ホットカーペットのある大広間でゆっくりとくつろげます。

常連のお客さんはバスタオルを敷いてお昼寝している方もいらっしゃいます。

湯の花はスタンプカードを発行していて、二人で1枚に合わせて押してくれるので、

合計4つスタンプをもらいました。

10回分スタンプがたまると1回無料だそうです。

来年も機会があったらぜひ訪れたい場所なので、忘れずに保管しておこう♪

20150319 小樽湯の花手宮殿08

ちょっとお客さんのいない時に露天風呂で撮影しました。

囲いがあり、周囲から見える危険性はないですが、

こちらも雪解けが進んできています。でも青空がよく見えました。

雪がしんしんと降り積もる時期は風情があっていいでしょうね。

【日帰り天然温泉詳細】

小樽天然温泉 湯の花 手宮殿

住所 〒047-0041
小樽市手宮1丁目5番20号
電話 0134-31-4444
営業時間 / 9:00~24:00(23:30受付終了)


3月、4月は新緑でもなく、開花の時期でもなく、積雪の白い雪を感じるでもなく

旅行の時期としてはオフシーズンだなあ、というのをどこに行っても感じます。

ただ、その時期だからこそ、空いている、旅費が安くあがる、という魅力があるのです。

20150319 小樽バス01

天然温泉 湯の花 手宮殿で温まった後は小樽駅まで送ってもらい、

小樽1日セット券を利用して、高速バスで札幌に戻ります。

JRバスでも中央バスでもどちらにでも乗れるのが便利。

函館‐小樽間は10~15分間隔くらいで一日に何便も出ているので、

一本乗り遅れても次のバスを待つまでの時間もさほどかかりません。

20150319 小樽バス02

快適なバス旅。ホテルオークラ札幌周辺で下車しホテルに戻りました。

夕食はコスパの良かった一昨日行ったお店へ。

毎日よく食べよく飲み、よく歩き、旅行を満喫。

札幌最後の夜となりました。翌日、3月20日は函館に向かいます。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment