楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

京都旅行 2泊3日 ~観光初日 両足院~

建仁寺を拝観後、予約していたランチの時間までをどこに行こうか地図を見ていると、

たまたま歩いているおじいさんが声を掛けてくれました。

「両足院で半夏生は今が見頃で特別公開しているよ。」

両足院は建仁寺の塔頭(たっちゅう)寺院となり、同じ敷地内にあります。

塔頭?ってなんだろう?

寺院のなかにある個別の坊のことで、

寺院を護持している僧侶や家族が住む所だそうです。

「半夏生の庭園特別公開」(2015/6/12~7/9)に立ち寄りました。

両足院01

半夏生という雑節は聞いたことがありますが、花名としては知りませんでした。

ドクダミ科の花だそうです。写真では水芭蕉やカラーのお花のように見えました。

両足院02

入り口で靴を脱ぎナイロン袋に入れて中に入ります。

庭園は通常は拝観できないそうなので、先ほど声を掛けてくれたおじいさんに感謝。

両足院03

中庭にある枯山水庭園は、白砂と青々とした苔、井戸があります。

両足院04

ハンゲショウの花の方は意外に小さく、やわらかそうで水芭蕉とは違いました。

花が咲く時期に葉が半分白くなり、しばらくすると緑に変わるそうです。

その姿が半分だけ化粧しているみたいなので「半化粧」と言われ始めたのでは?

という説があるそうです。

両足院05

両足院では「座禅」や「坐禅とヨガ」、「座禅と朝粥」などの体験も出来ます。

京都らしい体験としていい記念になりそうですね。(予約制)

両足院06

池の北側には織田信長の弟織田有楽斎好みの如庵の写し「水月亭」があり、

その右には六帖席の「臨池亭」が並んでいます。

池のほとりに参拝路が設けられているので、靴を履いて庭園の景色を楽しめます。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment