楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

京都旅行 2泊3日 ~観光2日目 西本願寺~

観光2日目は娘が一番行きたがっていた西本願寺へ。

東本願寺01

京都駅中央口から出て京都タワー側のホテルや旅館に泊まると

時間の余裕があれば東本願寺、西本願寺共に歩ける距離です。

西本願寺は平成大修復工事がここ数年続いているようです。

花

夜中から雷を伴う大雨。今日も天気予報は雨の降る確率60%。

東本願寺脇で見た蓮の大きな緑の花びらの陰に見えるピンク色の蕾。

西本願寺01

西本願寺へは徒歩で約15分。阿弥陀堂門(総門)です。

西本願寺02

門をくぐってすぐの所にある天然記念物の大銀杏。

西本願寺03

根っこを天に広げたような形から「逆さ銀杏」とも呼ばれる樹齢約400年の大銀杏。

本願寺に火災があった時、この銀杏から水が噴き出して消し止めたという伝説から、

「水吹き銀杏」とも呼ばれているそうです。

紅葉の時期は銀杏が黄色になり見頃です。

西本願寺04

国宝の御影堂は寛永13年(1636)再建されました。

東西に48m、南北に62m、高さは29mの巨大な御堂です。

中央に親鸞聖人の木像、左右に本願寺歴代門主の御影が安置されています。

西本願寺05

御影堂前と同じく国宝の阿弥陀堂(本堂)は廊下でつながっています。

西本願寺06

黒光りした木の色艶、いい風合いです。

西本願寺07

木のぬくもりを感じる木目。ここでも素足が喜ぶ感触です。

西本願寺08

こちらも国宝、唐門です。

中国文化の影響を感じさせる豪華な装飾が施された彫刻のある門です。

西本願寺09

御影堂縁側より国宝・飛雲閣を見ようと試みたのですが、見えず…

この飛雲閣は金閣、銀閣とともに京都三名閣の一つです。

特別公開の時しか見られないようで、残念ですが、西本願寺は拝観料無料です。

昨夜の「ピカッ!ゴロゴロゴロ」という雷や雨はどこへいったことやら、

青空が見えてきました。天気予報、是非外れてください、と祈るばかりです。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment