「IH対応」表記があっても注意しないといけない鍋

愛用していたAEGのIHクッキングヒーターが故障しました。

電源が全くつかず、音も一切なしの状態です。

ブレーカーが落ちているわけでないし、停電でもないし、チャイルドロックでもない、

内部のヒューズでも飛んでショートしたんだろう、という感じでした。

AEG IH 01

使い始めて約6年程。業者の方に来ていただきました。

AEG IH 02

オーブンの方は全く問題なかったのですが、オーブンを引き出した後、

IHクッキングヒーターを外して内部をチェックしました。

IHの内部を見ることがないので物珍しく見ましたが、薄いですね。なのにパワフル。

AEG IH 03

さらに内部を見ると、やはり経路の重要な部分がショートし他にも問題がありました。

こういう細部の修理には費用がかなり掛かるらしく、1か所で6万は下らないとか!!

それが数か所あると見積もりが半端なく高くなるというのを聞きました。

また、この品が海外のメーカーでパーツは日本に届いてはいるのだけれど

税関で止まったまま。いつ手に入るか先が読めず、

1ヶ月以上掛かるのではないかということでした。

クッキングヒーターが1ヶ月も使えないのはさすがに不便。

修理期間中はメーカーが持っている代替品でつないで、

きちんと修理し終えてから設置する、という話もあったのですが、

見積もりの結果、AEGのIHクッキングヒーターは撤去し、

新たにミーレの電気クッカーに交換することとなりました。


それはさておき、『IHクッキングヒーターで使える鍋』 について

今回改めて勉強しなおしました。

使っているお鍋に不適合なものがあると故障の原因になるかもしれないのです。

私がIH用に使っていたお鍋は、「IH対応」と書かれていたもの。

表記としてそれが書かれてあれば何でもOKと思っていましたが、

それが間違いだったのです・・・。


それまでIH対応でないものをこのクッキングヒーターの上に置くと、

「ピーピー」という音がし続き、うるさいだけで全く加熱出来ませんでした。

という訳で、最初にこのIHクッキングヒーターを使い始めた頃、

全ての鍋やフライパン、ケトルを「IH対応」に買い揃えました。

AEG IH 04

こちらのプリントは、AEGの解説なのですが、

基準は日本のメーカーも殆ど同じだそうです。

使える鍋底・使えない鍋底の例を見てみると、

底が平らなものが適応◎、

小さな凸凹があるものは本体内部の温度センサーの不具合など、

故障の原因になる、と書かれています。

我が家にあるお鍋やフライパンの適応度を専用の磁石でチェックしてもらいました。

AEG IH 05

使える鍋で適合の◎だったのは20年近く使っているアサヒ軽金属の活力鍋。

AEG IH 11

こちらはティファールのIH対応圧力鍋。磁石の方はOKでしたが、

鍋底の形状が△!え!!あのティファールが!?びっくりでした!!!!

AEG IH 06

ティファール取っ手のとれるフライパン、お鍋は磁石はOK、でも鍋底が△。

AEG IH 07

ドン・キホーテで買った「IH対応」と書かれていたケトル。

こちらは「ブ、ブー(*´з`)」のアウト!!!鍋底が平らでないので×でした!

しかも磁石もくっ付きませんでした。何で~!!!

AEG IH 08

そして新品で、使っていなかったIH対応と書かれたフライパン。

ね、きっちりと「IH対応」って書いているでしょ。

AEG IH 09

それが、このフライパンは鍋底が思いっきりアウトで×!

違う素材が使われていたり、凸凹の面積が大きかったりで不適合でした。

え!!こうなると我が家で使ってきていたお鍋で完璧にクリアと言えるのは一つだけ?!

愛着のあるティファールまでも、鍋底が△に値するとは思ってもいませんでした。

これからご購入をご検討の方、是非頭の片隅に置いておいてください。

鍋底がやや不適合だとは言え、IHで使えないのではありません、

それを使う事でIHクッキングヒーターの故障の原因になる可能性がある、という事を。

私が使ってきていたIHクッキングヒーターの故障の原因が何か?

その原因ははっきりしていませんが、お鍋はその一因と考えられるのです。

AEG IH 10

「は~。ティファールのお鍋が?!」

と肩を落としながら夕飯の準備。

しばらくの間は卓上IHでしのぎます。これもティファールだよ・・・ちょっと待ってよ(;_;)

ミーレ ラジエントクッカー01

IHクッキングヒーターに変わる新しいラジエントクッカーが届きました。

ドイツの家電メーカーのミーレ(Miele)の電気クッカー(ラジエントクッカー)。

これはお鍋を選びません。という事で、鍋底が△だったティファールもOK。

×だったケトルもOKで全て問題なく使えます。

ミーレ ラジエントクッカー02

しかし、火力が弱く、熱の伝わるのが遅かったり、マジ熱いです。

熱い部分に触れてやけどしそう。

色々な鍋が使えるってところ以外、いいところが見つかりません。

それでなくてもキッチンで料理をする時はいつも半袖で気合入りまくりなのに、

これからの季節はさらに熱くなるので大変です。IHの方がよかった~。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : キッチン家電・用品
ジャンル : 趣味・実用

*コメント

非公開コメント

        
*プロフィール

Kayleen

Author:Kayleen
ご訪問ありがとうございます。
日々見つけた小さなことやお勧めの場所、店、物などを綴っています。
よろしくお願いします。

        
*旅ブログ
自作旅
2016 夏旅 ヨーロッパ


のんびり投稿をしていきます。


2016 in マルタ


現在はお休み中

2015 夏旅 ヨーロッパ

2015年 オーストリア・ハンガリー・チェコ・ドイツ
未完成
マイブックにてフォトブックを公開中

Thermen in Europe 2015 Summer
うれし、はずかしヨーロッパ温泉旅


2014 夏旅 ヨーロッパ

2014年 フランス・ベルギー・イギリス
未完成いつになるやら
        
*最新記事
        
*参加中
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

        
*検索フォーム
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*相互リンク
        
*ランキング
        
*最新トラックバック
        
*RSSリンクの表示
        
*QRコード
QR