すられたスマホも海外旅行保険でカバーされた

バルセロナでスリにスマホをすられたのですが、

先週保険会社から電話があり、「手続きが終了しました」という連絡が入りました。

それにしても日本人は仕事が早いですね。

まだ帰国して10日くらいしか経っていないというのに。

私も今回が初めてのスリ。帰国後すぐに手続きを始めました。

海外旅行保険はクレジットカード付帯の会社。

海外旅行によく行くので、海外旅行保険付帯のクレジットカードは必需品です。

そのクレジットカードで旅費を払っていなくても支払い対象となるカードは便利。

また、今回は海外の色々なラウンジも使いたいと思い、

MUFGカードのプラチナ・アメリカン・エキスプレスカードを作っていました。

現地のポリスでこのレジストレーションフォームをもらいました。

ポリスレポート01

ただ、これはただのメモ書きみたいなもので、

きちんとしたポリスレポートというのを作成してもらわないといけません。

そのポリスレポートを作成するにあたっては、身分証明となるパスポートが要ります。

また、スペインではスマホの盗難時はIMEI番号というのを記載する欄があります。

(日本の保険会社の人に聞くと、IMEI番号を知らないと言っていました。)

この用紙をもらった後、私は一度ホテルにパスポートを取りに戻り、

日本にいる主人に連絡をし、スマホのIMEI番号を調べてもらいました。

(購入時のケースに記されていました。)

スペインではそのIMEI番号を書かないと盗難届が書けない、と言われていたので、

スペインにご旅行される方は念のためにIMEI番号をメモして持っていきましょう。

ポリスレポート02

スリの犯人を見た場合、その特徴とかを覚えていたら記入する欄があります。

一瞬のことだったので、特徴を列記することは出来ませんでした。

ポリスレポート03

バルセロナだと、メトロのエスパーニャ駅の所に大きな警察署があります。

そちらには通訳として待機しているスタッフがおり、英語で対応してくれます。

最初は「サンツ駅にいる」と言われ行ったのですが通じず、回されました。

交通費も掛かるし、メトロの駅を出てすぐの所にあるので

英語対応を希望であれば、最初からエスパーニャへ行った方がいいです。

通訳の方が私に代わって書面を埋めていき、最後に私がサインをします。

こちらの上の写真が数枚ある中の1枚のポリスレポート(盗難証明書)です。

これを持って、ポリスの窓口へ提出し、警官が目を通しスタンプを押して終了。

一人旅だったので、スリの被害に遭ったことを証明してくれる人がいないので

この証明書は海外旅行保険を請求するには必要な書類となりました。

保険会社から送られてきた保険金請求書にスリ被害にあった状況、

すられた商品の購入年月日や購入先など必要事項を記入し、

スマホの領収書、今年7月にアマゾンで購入したマイクロSDカードの領収書、

パスポートの入出国の日付が分かるスタンプ部分のコピー

(もしくは出入国が分かる航空券の半券のコピー)をまとめて同封し

先々週の後半に保険会社に送りました。

私の使っていたスマホはイオンスマホの親子セットの子機。

娘が親機を使っていたのをこの手続きの時に初めて知った私です・・・

子供スマホだからメモリが少なく、アプリも殆ど入れられなかったのか・・・(>_<)

親子セットの領収書は親のスマホと子供用のスマホ代が合算された額。

書面にも書き込みましたが、私が盗難されたのはgeaneeという機種。

1機種ごとの領収書ではないので、その機種の納品書のコピーも同封しました。

海外旅行保険の手続きと同時に新しいスマホとSIMカードの再発行(手数料3000円)。

新たに購入したスマホも安めでASUSのZenfone Go。

先週末にスマホとSIMカードが届き、現在は使い方に苦戦しています。

そして先週明けに保険会社の方からお電話をいただきました。

「海外旅行保険の手続きにかかる自己負担額が3,000円、

保険金の内訳が、スマホが------円、マイクロSDカードが------円、

書面、領収書も全て揃っているのでこれで手続きは完了となります。

ご指定の銀行へ、振り込みいたしますのでご確認ください。」

去年の4月購入で、1年4か月経っているスマホは

減価償却で10%減の商品価値となります。

驚いたことに、親子セットの額(5万ちょっと)から算出されていました。

私が使っていた子供スマホgeaneeは2万円ちょっとの筈なのに・・・

マイクロSDカードは買っただけだったので全額保険でカバーされました。

ということで、海外旅行保険で5万以上返金されたのです!

海外旅行保険様様です。本日、入金を確認しました。

スマホをすられて損するどころか金銭的には増えて戻ってきました。

嘘偽りなく全て出すものは出して手続きしてこの結果です。

今回私がすられたスマホはデータオンリー(電話なし)で

スマホ自体には情報量がそれほど入っていなかったので良かったです。

私が失ったものは、スリに遭った日の朝からすられるまでに撮影した写真と

そのスマホにメモしていたイビザ島に着いてからバルセロナまでの旅の記録。

思い出の損失、スリのトラウマもまだ残っています。

「盗難届を出してもスマホはどうせ見つからないでしょう?」

「海外旅行保険でカバーされていないんじゃないの?」

「面倒くさい、疲れた~、腰が痛い~、時間が取られる~!」

と警察に行くのをやめようとも思ったのですが、

自分の経験の為にもどんな流れなのか勉強しておこう、と考えを改め

警察に行っておいて良かったです。

まさか得してしまうなんて、本当に思いも寄りませんでした。





海外では何が起きるか予測がつかないので

クレジット付帯、もしくは加入タイプの海外旅行保険には入っておきましょう。

でも、一番いいのは、スリにすられない、隙を見せないことですが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スペイン
ジャンル : 旅行

*コメント

非公開コメント

        
*プロフィール

Kayleen

Author:Kayleen
ご訪問ありがとうございます。
日々見つけた小さなことやお勧めの場所、店、物などを綴っています。
よろしくお願いします。

        
*旅ブログ
自作旅
2016 夏旅 ヨーロッパ


のんびり投稿をしていきます。


2016 in マルタ


現在はお休み中

2015 夏旅 ヨーロッパ

2015年 オーストリア・ハンガリー・チェコ・ドイツ
未完成
マイブックにてフォトブックを公開中

Thermen in Europe 2015 Summer
うれし、はずかしヨーロッパ温泉旅


2014 夏旅 ヨーロッパ

2014年 フランス・ベルギー・イギリス
未完成いつになるやら
        
*最新記事
        
*参加中
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

        
*検索フォーム
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*相互リンク
        
*ランキング
        
*最新トラックバック
        
*RSSリンクの表示
        
*QRコード
QR