楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

ヌエッタでお裁縫 ヌエッタのカバー作り

先日の「ショップジャパン ヌエッタ体験会」にて

ありがたいことにその時に使わせていただいた

ヌエッタをお土産に頂戴いたしました。キャー!ありがとうございます。

私自身は10万円くらいするコンピューターミシンがあるのですが、

娘は洋裁も興味を持たず、家庭科の宿題くらいの時くらいしかミシンを触らないので、

このヌエッタは彼女が独立した際に持って行かせてあげたいと思います。

また、軽量で乾電池でも使えるので、家でのちょっとした洋裁や

家から外に持ち出して使う時にはヌエッタは大変便利です。

コンピューターミシンは実はもう3台目。

メーカーから購入して、普通についてくる1年保証はあるのですが、

1年保証の期間を超えた後のコストが馬鹿にならないのってご存知ですか?

故障した時は送料はこちら持ち。メーカーの修理部に精密機器扱いの発送で送ります。

その後、ミシンの修理をしてもらい、各箇所ごとの修理費もかなりの額。

着払いでミシンが手元にやっと届くのですが、送料と修理費を合わせて数万円。

最初の2台は、保証期間を超えてしまった場合の雑費が掛かりすぎるため

新品を買いなおした方がいい、ということになり3台目となったわけです。

ミシンもどんどん進化しているので、新品の方がよくなっているのも確か。

数年前のミシンになると、修理の部品もないケースもありました。

送料は自腹で修理に出したのに見積もりの結果部品がなく直せないことが発覚

→着払いで送り返してもらもらっても結局使えない

→処分費用を払ってメーカーで処分してもらう、

なんと不便な事でしょう!

ヌエッタは1年保証付き。

ニューモデルの「ヌエッタ カラー 安心パーフェクトセット」 だと

標準の保障プラス4年の保証付きでミシンのカバー付き。

5年保証がついていれば購入後も安心して使えますね。

1年保証にしても5年保証にしても送料はショップジャパンが負担してくれます。

体験会の時にショップジャパンの方にお伺いしたお話なのですが、

ヌエッタを購入して、1年後、数年後に不具合があり買い替えをしたい場合は

買い替えプランのようなのがあるそうです。

これはヌエッタの紹介のHPには書かれていない貴重な情報です。

例えば、1年保証でヌエッタ カラー スペシャルセットを購入し

保証の切れた1年後に新たに買い替えたい、という場合は

送料、税込で7,552円(ミシン本体+ACアダプター+フットペダル込み)で買えるそうです。

ちなみにヌエッターカラースペシャルは12,900円+消費税1,032円+送料1,200円。

一度ショップジャパンでヌエッタを購入していると

新たに買い替えたい時はスペシャル価格で買えるのはありがたいです。

ただし、その場合の保障は1年ではなく3か月、ということでした。

詳細を知りたく、先ほどショップジャパンのフリーダイヤルにて料金を聞きました。

2016.11.07情報で、「テスト」的に実施している施策のようです。

今後変更になる可能性があるので、

ヌエッタの買い替えをお考えの方はご検討の前にもう一度ご確認ください。

カスタマーサービスに電話でお伺いするのが手っ取り早く解決できるかと思います。

お困りごとは24時間、365日受付のカスタマーサービス(0120-096-013)

もしくはチャットでの受付、こちらも24時間、365日受付中です。

サービスが何といってもきめ細かです。

私も先ほど電話にてお伺いしたのですが、

電話対応はいつも日本人(旅行サイトは外人が多く通じにくく思えることがあります)で、

丁寧な応答で、こちらの不安が残らないようきちんと回答してくれました。

ヌエッタ製作01

さてさて、ヌエッタを我が家にて使ってみました。

最初に付属品のボビンやミシン針入れを収納庫に入れます。

ヌエッタ製作02

用意したのは生成色のキルティングの生地と紺色のギンガムチェックとファスナー。

洋裁が好きなので、安い時に買いだめしていたものの中から選びました。

ファスナーは以前私が着用していたワンピースから外していた物の再利用。

ヌエッタ製作03

キルティングの生地の上にヌエッタを置いて型取りをしようと安易にスタート。

待ち針を打って、アバウト採寸で切り進めようかと思いましたが、

布地が勿体ないことになりそうで模造紙のような紙で型紙を作りました。

ヌエッタ製作04

全て素人採寸で縦横高さを採寸し、余分を加えて書き込みました。

これが私のアバウトで、楽しい洋裁のやり方です。

何にしても楽しみながら作る、っていうのが重要ですよね♪

ちなみに、横幅は29.5cm、縦が27cm、マチの部分は12.5cmです。

ヌエッタのケースは体験会で見せていただいたケースを頭に描きながら

上からかぶせるだけのケースではなく、ファスナーで閉まるケースです。

ヌエッタ製作05

同じ型紙で、キルトとギンガムの生地をカット。

縫っていきます。LEDライトがつくので手元が明るいです。

リビングのこたつにヌエッタを置いてぬくぬく温まりながら作りました。

時々PCのメールチェックをしたり、コンパクトなので場所も選びません。

ヌエッタ製作06

ケースの上につける持ち手の部分、生地が分厚いのに糸目も正常に縫えました。

ヌエッタ製作07

糸が足りなくなってきたので、交換をしようとしたところ、

私が持っていたミシン糸は入らない!困った!

ヌエッタ製作08

大きなサイズのミシン糸はヌエッタには不適合でした。

直径3㎝が一番ピッタリのサイズです。

ヌエッタ製作09

3㎝越えはOUT、直径4cmだと使えませんのでこれから買われる方はご注意を。

ヌエッタ製作10

下糸の交換、ずっと変えていなかったのですが、ただ下糸入れに入れるだけ。

通す場所は一切なく、糸を長めに出して置くだけです。

ヌエッタ製作11

完成です!自分で作ってなんですが、いい感じに仕上がりました。

ヌエッタ製作12

裏面には取扱説明書が入るポケットもつけました。

横寸法の29.5cmよりやや大きめなのでポケットの寸法は幅にゆとりを持たせました。

取扱説明書は困ったときにすぐ見れる場所に置いておくと便利なので、

このポケットは絶対つけたいと思っていました。

ポケットの布の裏には厚手の接着心をつけています。

ヌエッタ製作13

ミシンを収納してみました。

フットペダル、ACアダプター、乾電池、全て収納できます。

ヌエッタ製作14

カバー表面、ファスナーを付けた2つの角は縫いやすいようにカーブさせました。

ヌエッタ製作15

持ち手を持ち上げてみました。ケースの型が崩れることなく満足の出来です。

ヌエッタ製作16

最初に準備していた材料のファスナーがオフホワイトだったのに、

出来上がりが黒のファスナーになったの、お気づきでしたか?

一度オフホワイトでつけたのですが、サイズがやや足りなかったので、

ほどいて、新たに黒のファスナーを付け直しました。

この黒のファスナーはスーツケースに使われていた物の再利用です。

捨てないで置いておくと何かしら使えるものが沢山あるんですよね。

娘にのプレゼントとなったヌエッタのカバー。

完成をしたカバーを見て「今晩このカバーと一緒に寝たい♡」と言ってくれる娘。

喜んでくれる人がいると作るのがますます楽しくなります。

さあ、今度は何を作ろうかな。

【Shop Japan(ショップジャパン)公式】【正規品】ヌエッタ

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment