楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

ラフォーレ修善寺 山紫水明 お部屋紹介その1

ラフォーレ修善寺、山紫水明で宿泊した部屋は2階の2部屋。

まずはその1部屋目からのご紹介です。

山紫水明812部屋01

こちらは812号室。定員 4~5名のお部屋となります。

客室面積は部屋によって違いがありますがテラス込みで約45~58㎡のようです。

今回主人と息子がこちらの部屋に、そしてもう一部屋は娘と私で利用しました。

露天風呂付の部屋は夫婦や小さな子供連れの場合はうれしいのですが、

ある程度大きくなった異性の兄妹での同室はやはり気になりますね。

玄関の扉をあけて入ります。

入って左の茶色のドアは暖房付きのウォシュレットトイレ。

温座のトイレはよくありますが、暖房が別途であり、いつも快適温度。

こちらのトイレ内は写真を撮り忘れましたので、

次のお部屋の紹介でご覧ください。

山紫水明812部屋01-1

玄関を振り返ってみました。

左側の茶色のドアは押入れでお布団のセットが入っていました。

写真では分かり難いですが同じく左側に寝室があります。

山紫水明812部屋02

廊下を入って真正面にあるシンク。

ケトルがあるのでここで用意されているコーヒーやお茶の用意が出来ます。

小さいサイズの冷蔵庫にはペットボトルのお水が人数分入っています。

ペットボトルのお水はサービスで、毎日いただけるようです。

山紫水明812部屋03

少し隣に洗面台があります。アメニティも十分用意されています。

その奥に見えるのがシャワールームと露天風呂です。

山紫水明812部屋04

こちらが寝室。シックな落ち着きのあるムード。

完全に個室となったベッドルームでゆったりサイズのベッドが2台。

照明が暗く調整したとしてもこれより明るくはなりません。

山紫水明812部屋05

寝室にもテレビがあります。

山紫水明812部屋06

こちらがリビング。現代風な畳のお部屋です。

テーブルの上には折り紙の鶴。

温泉宿によくあるお菓子はありませんでした。

お部屋は玄関からリビング、全てに関して照明が暗めです。

今回の旅行中部屋の暗さに関して何度愚痴ったことでしょう。

子供達に「しつこい!」と文句を言われました・・・。

落ち着いた雰囲気でムードたっぷり、と思わねば…と思いつつ、

ついつい暗い、暗い、と言ってしまっていました。

山紫水明812部屋07

こちらがバルコニー。

大きなクッションのある籐のチェアーでカップルでラブラブ寛げそうです。

山紫水明812部屋08

24時間ずっとお水が流れっぱなしの露天風呂です。

ただ、こちらの部屋の場合、隣の壁が邪魔をして

露天風呂から富士山が見える角度ではありませんでした。

山紫水明812部屋09

湯量が豊富で浴槽が深く、すぐに体がポッカポカになります。

山紫水明812部屋10

バルコニー側から室内を見るとこんな感じです。

2012年に建てられたようなので築約4~5年。

とてもきれいな大人リゾートという感じです。


山紫水明 (ラフォーレ修善寺)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment