楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

マウスコンピューター MB-K670XN-SH2 レビュー

マウスコンピューターさんに『NEXTGEAR-NOTE i5730』をお借りした際

『MB-K670XN-SH2』も合わせてお借りしました。

マウスコンピューター16


MB-K670XN-SH2 [Windows 10 搭載]

スペック








CPUIntel Core i7-6700HQ
RAM16GB (8GBx2) DDR4-2400
GPUNVIDIA GeForce GTX 950M

Intel HD Graphics 530
ドライブ256GB M.2 SSD (SATA III接続)
1TB HDD (SATA III)
光学ドライブ
ディスプレイ15.6インチ 1920x1080 非光沢液晶


処理速度


Skylake世代の高性能4コアi7を搭載しているので処理速度はデスクトップに迫ります。
第七世代Kabylakeプロセッサーが登場した今、型落ちとなっていますが、
Kabylake版Core i7-7700HQとの性能差は10%以内。処理の内容にもよりますが、
ゲーム用途やウェブブラウジング、オフィスソフトなどであれば体感差を感じることはないでしょう。



キーボード


ー配置は極めて標準的な、多くのBTOパソコンで採用されている標準的なキーボードです。
キーピッチも十分で、癖のないキーボードです。



タッチパッド


滑らかで使いやすいです。クリックボタンも独立しているため、
個人的にはたいへん使いやすいです。



モニター


15.6インチフルHD(1920x1080) 非光沢のモニターです。
左右方面からの視野は良好、上下の視野角は狭めです。



筐体


BTOの15インチ用の標準的なベアボーンです。
必要十分な作りですが、そこまで剛性があるわけではなく、
画面の角を強めに押さえつけると若干ですがたわみます。



拡張性


マウスコンピューター11


端子類は十分に備えられており、左側面には給電ポート、D-Sub、Ethernet、USB 3.0x2、HDMIがあります。



マウスコンピューター12


右側面にはオーディオの入力と出力端子がそれぞれあり、USB 2.0、USB 3.0、光学ドライブ(カスタマイズ次第でDVD・Blurayドライブを搭載、レビューユニットには搭載なし)、ケンジングトンロックがあります。



マウスコンピューター09


裏面。バッテリーは取り外し可能です。



マウスコンピューター10


表にはマウスコンピューターさんのロゴが。



ゲーム性能


CPU内蔵グラフィックスとは別にGTX 950Mという高性能の単体のGPU(dGPU)を搭載しているので、殆どのゲームは設定さえいじれば動作します。ただ、グラフィックス面での負荷が重いタイトルではGPUがボトルネックとなることが予想されるので、グラフィック設定をそれなりに落とす必要があるでしょう。CPUへの依存度が高めのゲームをおすすめします。


Hearts of Iron 4


hearts of iron 4

試しにParadox社製のリアルタイムストラテジーゲームであるHearts of Iron 4をプレイしてみました。CPUのシングルスレッド性能が物を言うゲームです。


さすがCPU性能が高いだけあって、無理なく第二次世界大戦を切り抜けることができました。


3Dユニットの描画等も完璧です。



Civilization V


civilization 5

次にこちらもまたCPUへの依存度が高めなストラテジーゲームであるCivilization Vをプレイしてみました。
旧作ですが、終盤になるにつれ負荷が大きくなるのでそれなりの性能がないとスムーズにプレイすることができないタイトルです。
こちらも難なく動きます。
このように、リアルタイム・ターン制問わず、ストラテジーゲームであればこのノートは難なく動かすことができます。



Football Manager 2016


football manager 2016

最後に、こちらもまたCPU負荷の重めなFootball Manager 2016をプレイしました。
データベースサイズは最大、イングランド・スペイン・イタリア・フランス・ドイツのリーグを2部リーグまで入れてプレイしましたが、
特にストレスを感じることはなく、大量のデータの処理があるにも関わらずスムーズにプレイすることができました。
試合の3Dグラフィックス描画も、カクツキなどは特にありませんでした。



総評


今年流行るであろうコスパ重視型のゲーミングノートパソコンです。
15インチMacBook Proに匹敵するCPU・GPU処理性能を持つ15インチウィンドウズパソコンが半額以下で買えるのは大変魅力的です。



良いところ


  • 4コア・8スレッドの高性能Core i7プロセッサー搭載で、CPUの処理速度は素晴らしいです。

  • dGPUも搭載しているので、動画編集などにも活躍します。
    ゲームにおいても、設定をいじればほとんどのゲームが動きます。


残念なところ


  • この価格帯・予算では仕方がないところではあるのですが、モニターの視野角は狭めです。

  • 新しいPascal世代のGPU搭載機が出ている今、旧世代MaxwellのGTX 950Mは若干性能面で見劣りします。



マウスコンピューター/G-Tune
関連記事
スポンサーサイト