楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

JALダイナミックパッケージ in 秋田 駒ヶ岳温泉 その2

食後は温泉へ。

部屋からタオルとバスタオルを持って行きます。

駒ヶ岳温泉16

少し客室から離れた場所となります。

貸切として使える露天風呂は2種、岩の湯と木の湯。

使用中になるとこちらの電球に明かりがつくので分かるそうです。

貸切露天風呂には時間制限や予約というルールがなく、

他の方が利用していなければ使えるので分かりやすいです。

階段を下って、草履をはいてお風呂に向かいます。

駒ヶ岳温泉18

こちらで再び草履を脱ぎ、露天風呂に行きます。

駒ヶ岳温泉19

ここからまた階段を下って貸切露天風呂へ。

左が岩の湯、右が木の湯です。

雪が降り積もる時期はまた趣があるでしょうね。

駒ヶ岳温泉20

岩の湯。

駒ヶ岳温泉21

木の湯。

洗い場がこちらにはなかったので中を見て写真を撮って大浴場へ。

やっぱり体を洗ってから入浴したいですからね。

駒ヶ岳温泉22

大浴場の前のホール。

天井が高く広々しておりこちらも木のぬくもりを感じる建物です。

駒ヶ岳温泉23

脱衣所。

この宿は備品は少なく、ヘアドライヤーがある程度です。

駒ヶ岳温泉24

広い湯船の内湯です。

駒ヶ岳温泉25

しっとりとした色が何とも言えない落ち着きを感じます。

駒ヶ岳温泉26

リンスーインシャンプーとボディソープの用意があります。

温泉宿に行くとやたらお土産にいかがですか?とグッズを見かけますが、

こちらはいたってシンプルです。

駒ヶ岳温泉27

露天風呂へ。川の音を聞きながら湯につかりました。

木の部分、岩の部分、共に湯の成分でぬめりがありました。

駒ヶ岳温泉28

大浴場の内湯、露天風呂につかった後、再び貸切露天風呂へ行きました。

こちらの湯はぬめりもありましたが、とろろのようなものがぽわぽわと浮かんでいました。

説明書きにはお湯につかった後は流さない、と書かれていたのですが、

私はその浮遊しているものが身体についているようで気になり、

また大浴場に戻って洗い流しました。

いい成分なのかもしれないけれど、気になりました。

こちらの温泉宿は露天風呂の雰囲気が「強首温泉の樅峰苑>>(記事)」に、

温泉の湯の感じが「支笏湖の丸駒温泉旅館>>(記事)」に似ているのを感じました。
関連記事
スポンサーサイト