楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

もっと早く使っていればよかったフードシーラー「ピタント」

食品や小物などを家庭で簡単に真空パックにして保存できるマシン、

テレビショッピングやネットなどでご覧になったことがあると思います。

今回ショップジャパンさんのピタント(Pitant)をモニターさせていただいています。

ピタント01

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

他社さんでも同じような真空パック器は出ていますが、

ショップジャパンの魅力は「39日間、使っても返せる、つかって納得保証」

まずは実際に商品を使って体験できる点です。

一般的にメーカーの1年保証はついており、お試し期間を設けている所もありますが、

39日という長期に渡ってお試しできるのはショップジャパンならでは。

使ってみて、気に入ればそのまま継続して使用、

気に入らなければ返品、という流れで使えるので気楽にお試しできるんです。

タレントの榊原郁恵さんもこのピタントをイチオシされています。

ショップジャパンで購入することの安心感のもう一つは、

付属の1年の保証期間に1,980円を追加することでプラス2年間の延長保証となり

合計3年カバーされます。


その期間で万が一商品が壊れても無料で交換可能という点、大きいです。

2年の延長保証を付けことで、3年間はずーっと安心なわけです。

ピタント02

箱の中身を見ていきましょう。

ピタント03

箱の中にはピタント本体とロールカッター、専用パックロール(28cm×3m)、

ボトルストッパー×2、脱気ホースが入っています。

ピタント04

箱の一番上にありました「ピタントかんたんスタートガイド」、

かんたんスタートガイドはちらっと見で終了するほど使い方が本当に簡単です。

ピタント06

専用パックロールは3m巻きで厚みがありしっかりしています。

しっかりしているな、と思って購入していた市販の冷凍保存用の袋よりかなり丈夫です。

材質はポリエチレン・ナイロンで、熱で袋をシールして真空パックにし、

汁漏れのないよう、湯せんに直接かけても破けないよう、

また電子レンジや冷凍庫の耐熱、耐冷に対応できるだけの強さがあります。

ピタント07

ロールカッターは専用パックロールをおくだけで、コロコロさせて引き出して使います。

ロールを引き出しやすく、簡単にカットしやすく、衛生面を考えたケースです。

ピタント08

はさみでロールをカットしただけでも済むことではありますが、

レバーをスライドさせるだけで簡単に真っすぐスパッと切れて便利です。

専用パックロールの横に目盛りが書かれていますが、

入れたいものに合わせてカットして使うので、これは特に気にしないで使えます。

ピタント09

切っただけの時は、両側は閉じられていますが、上下の切り口は開いたままです。

ピタント10

ピタント本体のコンセントは本体の裏側に収納されています。

コンセントを差し込み真空パック機の準備完了。

ピタント11

シールしたい部分より余裕をもって先ほどカットしたパックロールを置きます。

上から蓋をカチッという音がするまで完全に閉めます。

ピタント12

「シール」ボタンを押します。

ピタント13

熱を発して、シールしている時はランプが点灯した状態なので、

ランプが消えるまで待ちます。音はガガガ、と立ちますがそれ程気になりません。

ピタント14

ランプが消えたら、両サイドにある「ロック解除」ボタンを同時に押し、蓋を開けます。

ピタント15

たったこれだけでシール完了です。

ピタント16

専用のパックロールは、片側は凸凹のある面、片側はつるっとした面です。

ピタント17

こんな感じで底面がシールされて袋が出来上がりました。

ピタント18

鶏のザンキを大量に漬けこんだので、それをパックしてみます。

せんざんきという郷土料理があるのでザンキと書いています。

ザンギという方が一般的みたいですね。

ピタント19

まずは脱気をして余分な空気を抜きます。

「自動」ボタンを押すことで脱気とシールを一気にすることも出来ますが、

一番最初なので様子を見ながら「脱気」をし、その後「シール」をしました。

ピタント20

様子を見ながら脱気をしたものの、漬けだれが吸い込まれて溝に入っていました。

ピタント21

脱気した時に出ていこうとした漬けだれが袋の口に付着してしまいました。

何度かやって、慣れていくのが必要ですね。

ピタント22

ピタントのよくある質問を見ると、液体が入ったものをシールする場合は、

「パックロールをご利用の際は、なるべく9cm以上のゆとりをもち、
液体を吸い込まないように注意しながら手動で脱気・シールしてください。」

とありました。

ある程度の余裕をもってパックロールを使った方がいいようです。

でも、消耗品なので少しでも長く、沢山使いたい気持ちになってしまいます。

ちなみに、パックロールは定期購入にすると送料無料になり2本で2,704円(税抜)です。

1本1,460円(税込)になります。

定期便の間隔は1~6ヵ月ごとから選択でき、長期不在の場合は停止も可能です。

また、途中解約も次回お届け予定日の7日前までに連絡すれば無料でできます。

ネット通販ではまだ商品の存在が書かれていないのですが、

28cm幅より狭めの20cm幅のパックロールも最近販売開始されているそうです。

商品に付属している28cm幅のパックロールの長さは3mですが、

定期購入で届くものは28cm幅の物は長さが5mで2本です。

20cm幅のパックロールは長さが6mのものが2本となります。

幅と長さが違うわけですが、お値段は同じで定期便だと2,704円(税抜)です。

ピタント23

脱気し過ぎたためたまった漬けだれはパーツを外して洗うだけです。

ピタント24

元のようにはめ込めばいいだけで失敗でもないようです。

蓋の上側にもタレが飛んでいますね。拭き掃除はこまめにしないといけませんね。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』


ネット通販でいなりあげの大袋入りを購入しました。

手間暇を掛けられないときに便利なのです。

いなりあげを作る時、油揚げを破らないよう注意したり、味付けの必要なし。

すぐにいなり寿司が出来る時短素材です。

ピタント25

ただ、一袋当たりのいなりの量が多く一度には使い切れません。

今まではジッパー付きの冷凍保存袋に入れていたのですが、霜がおりることがありました。

その問題も、このピタントを使うことで解決です。

ピタント26

小分けにした方が使いやすいので、一袋の半分のところをさらにシールしました。

ピタント27

使いたい分だけ使えるように入れる量を変えてパックしました。

真空パックにすることで、嵩張ることもなく、余分なスペースを取りません。

袋にはマジックペンで文字もかけるので、ピタントした日付や中身を書き込めます。

ピタント29

沢山作ったマカロニサラダをピタントして、お弁当用に小分けでパック。

容器に入れたリラップするよりも空気に触れる部分が少ないので鮮度が長持ちします。

茹でたマカロニやゆで卵、湯がいた人参など全て同じ温度で作りましたが、

水分の多いきゅうりを入れたので冷凍には不向きです。

それを入れなければ冷凍保存用に出来たのですが、早めに食べきる用に作りました。

ピタント28

こちらはひじきと大豆の煮物。

これは冷凍出来るのでお弁当のおかずの一品に、また混ぜご飯にも使えます。

忙しい時用にちょっと多めに作っておくととても便利です。

今までずっと欲しいと思っていた真空パック機。一台あると便利です。

お布団も真空パックに、と思ったのですが、そのサイズはないそうで…。

使っても気に入らなかったら返品可能なショップジャパンのピタント、

長ーく39日間あればその良さが分かります。是非試してみて下さい。

商品詳細はこちら>>フードシーラー ピタント
関連記事
スポンサーサイト