楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

どこかにマイルで北海道へ 3日目

7月の初旬、北海道はやっぱり涼しかったです。部屋の羽毛布団を掛けて寝ました。
自宅ではガーゼケットも跳ねのけて寝ているんですけれどね。

07-04層雲峡温泉ホテル01

朝風呂に入った後、朝食会場へ。和洋30種の朝食バイキングです。

07-04層雲峡温泉ホテル02

どこのホテルのバイキングもそうですが、お漬物一つで一種にカウントされているので品数豊富になります。

07-04層雲峡温泉ホテル03

こちらはご飯とお味噌汁のコーナー。普通そうに見えましたが、ここで北海道ならではを発見!

07-04層雲峡温泉ホテル04

おー!たっぷりいくら!おまけに辛子明太子ものせて朝から贅沢にいくら丼です。美味しかった~♪

07-04層雲峡温泉ホテル05

そういえば、貸切風呂がある、と書かれていたな?と思い行ってみました。
使用するときはボードに名前を書いて時間予約をして入浴するようです。

07-04層雲峡温泉ホテル06

入ってみましたが、露天風呂とかではなく、貸切に出来るお風呂というだけで一人旅向けではなかったです。
赤ちゃん連れでご家族で協力しながらゆっくり温泉につかりたい方にはありがたいですね。

07-04層雲峡温泉ホテル07

駐車場脇にある足湯。こちらは無料で使えるのでタオルだけあればふらっと立ち寄れます。
湯元銀泉閣の部屋、食事内容、値段は〇、温泉の雰囲気がちょっと期待外れでしたが総合的に良かったです。

楽天トラベル>>層雲峡温泉 湯元 銀泉閣(BBHホテルグループ)




層雲峡温泉を後にし、しばらくドライブ。札幌の定山渓温泉へ移動します。
今回の旅行はゆったり温泉でのんびり過ごすことだったので観光は控えめです。

07-04定山渓ビューホテル01

約3時間のドライブを終え、予約していた定山渓ビューホテルに到着しました。
入ってすぐのホールが広く、フロントまでの距離もかなりあります。巨大プールもあるホテルです。

07-04定山渓ビューホテル14

こちらは本館の廊下。左右に部屋があります。定山渓の川の流れが見える側がおすすめです。

07-04定山渓ビューホテル02

部屋は本館のツインで喫煙可の部屋。私が予約した時、この部屋タイプは残り一部屋で禁煙室がありませんでした。
こちらのホテルの本館は1985年開業だそうでその昔から全館喫煙だったのかもしれませんね。

到着後フロントで禁煙室に変更がきかないか聞いたのですが、追加料金を払わないとダメとのことでやめました。
新館の禁煙にした場合はプラス1,000円くらいのようです。

07-04定山渓ビューホテル03

ベッド幅が広いツインルームで、敷地面積としても広々としてゆったり。家具も重厚な雰囲気です。

07-04定山渓ビューホテル04

バスタオルとタオルは部屋にあるものを持って大浴場やプールに行くことになります。
交換はお願いすれば何度でも出来るそうで、プールや温泉に何度も出入りする方にうれしいサービスです。

07-04定山渓ビューホテル05

部屋からの眺め。

07-04定山渓ビューホテル06

ホテル施設の案内書き。温泉宿の定番の温泉饅頭がありました。

07-04定山渓ビューホテル07

ホテルの大浴場は、本館地下1階の広い大浴場と新館16階の展望浴場の2カ所になります。

07-04定山渓ビューホテル08

客室の冷蔵庫もやや大きめ、ファミコンも備え付けで置いてありました。

07-04定山渓ビューホテル09

バストイレ。温泉の大浴場があるのでこちらのバスは使いませんでした。

07-04定山渓ビューホテル10

ホテルは予想以上に大きく広いです。
屋内温水アミューズメントのラグーン、喫茶、クラブ、エステ、ゲームセンター等、充実しています。

07-04定山渓ビューホテル11

こちらは地下の大浴場の入り口。室内プールのラグーンへはここから入ります。
水着を持参していたので真っ先にラグーンで水遊びをしてきました。ヨーロッパのテルメ巡りを思い出します。

ラグーンにスプラッシュリバーというウォータスライダーがあり、チューブボートで滑ります。
チューブボートのレンタルは1時間500円です。一人ではさすがに寂しすぎるので今回はパスしました。

今回私はジャグジーバスやマッサージされているようなジェットバスを満喫しました。

07-04定山渓ビューホテル12

新館16階の展望風呂へ。

07-04定山渓ビューホテル13

内風呂はいつでも入れますが、屋上露天風呂は男女入れ替え制になっています。
私が行ったときはちょうど男性が利用している時間帯だったので翌朝入りました。

どちらの大浴場も中国大陸からの観光客が多くうるさかったです。お風呂場では声が余計に響き渡っていました。
観光バスで外国人旅行客の御一行様が泊まるホテルに泊まるのが久し振りで温泉につかってゆったり、という気持ちになれませんでした。

07-04定山渓ビューホテル15

食事会場のグランシャリオ。

07-04定山渓ビューホテル16

ここもまた広いです。和洋中バイキングで値段相応、といった内容です。
ステーキは牛脂注入肉とご丁寧に書かれていて嘘偽りなく情報公開している点はいいと思いました。

07-04定山渓ビューホテル17

定山渓ビューホテルの目玉は総面積4000㎡の屋内温水アミューズメント、ラグーンでしょうか。
室内型のレジャー施設なので雨の日でも気にせず楽しめます。

札幌から雨の日に行くとしたらシャトレーゼ ガトーキングダムサッポロ ホテル&スパリゾートの方が近くて便利です。
無料バス送迎の本数が多く敷地の広さも適度でいい印象が残っています。【記事を読む

07-04定山渓ビューホテル18


楽天トラベル>>定山渓温泉 定山渓ビューホテル

関連記事
スポンサーサイト