楽しみ発見

毎日が楽しくなるようなお得な情報や美味しい情報、おススメ商品、おススメの場所など多ジャンルに渡ってご紹介しています。

グアム旅行 その11  シェラトンラグーナグアムリゾート 思わぬハプニング

いやー、テンプレートを変えてブログの記事を整理していて今頃になって気が付きました。
2016年4月に行ったグアム旅行の自作旅の記録が中途半端でした。

しかも、もう二度と泊まれないような部屋に泊まったのだから書いておかねば…
と言っても「夏旅のノリ乗り自作旅」の整理も数年分たまっているような状態なのでマイペースに書いていきます。

ひょっこりひょうたん島01

シェラトン・ラグーナ・グアムリゾートホテルの正面に見える島が無人島のアルパットアイランド。
宿泊客はカヤックが1日1時間まで無料で使えるので主人と娘はカヤックで、私はシュノーケリングをしながら泳いで行きました。

ひょっこりひょうたん島02

シュノーケリングとフィンは持参したものがあったのでそれを使いましたが、持っていない場合はレンタルがあります。
無料で貸与されるウォーターシューズとライフジャケットを着て浅瀬を泳いで渡りました。

ひょっこりひょうたん島03

シュノーケリングは天気が良く海が穏やかな時にしたかったのですがその時を待っているほど時間の余裕はありません。
お天気が今一つだったので海の透明度もそれほど高いとは言えず、お魚も期待するほどではありませんでした。

この写真はスマホで撮影していたのですが、ご覧の通り画質が良くないです。でもこのスマホがあるから記録が残っているのです。
実はこの時持って行った一眼レフに海水のしぶきがかかり使えなくなってしまっていたのです…(涙)

テニスコート

海から上がり、ホテル敷地内を散策しプールでひと泳ぎした後部屋に戻りました。
主人と娘はシャワーを浴びて着替えをし、各自のんびりソファーやベッドで寛いでいました。

私はここで楽しまねば、とバルコニーのジャグジーで過ごしていたのですが、振り返った時に建物陰に不審人物がいてびっくり!
ホテルは全部で187室、その内オーシャンフロントコーナースイートは26室、建物の一番端なので人がいる筈がない場所なのです。

ダッダッダ!と部屋に駆け戻り、デスクの電話でホテルの人を呼びました。
主人と娘には「今からホテルの人が来るよ!」と伝え、私はまだ水着だったので大急ぎで着替えました。

黒色の制服を着たミクロネシア系の男性の警備員が無線でセンターと通信をしながらすぐに駆け付けてくれました。
私達の滞在していた部屋が低層階だったので、廊下の直線距離は結構あると思うのですが、迅速でした。

主人と娘は、あれよあれよという間にホテルの警備員が部屋に駆け込んできたので二人とも呆気に取られていました。
今度は何が始まるの?お母さん!」という感じだったそうです。旅先でのハプニングは尽きないもので…

私が彼に具体的にどこに不審者がいた説明すると無線機で監視カメラのチェックをするよう要請、
ホテルのマネージャーや別の警備の人もやって来て、かなり大ごとになっていました。

「別の部屋をご用意させていただきます。その場合荷物をすべて移動することになりますがよろしいでしょうか?」
ということで、どの部屋になるかは分かりませんが不安だったので部屋を移動することにしました。

荷造りをしていると「お部屋の準備が整いました。」と電話が入りました。
マネージャーの方自らが迎えに来てくれ、手配して下さった代わりの部屋に案内してくれました。

プレジデンシャルスイート01部屋プレート

なんと!その部屋はプレジデンシャルスイート!このホテルで1部屋しかない一番ゴージャスな部屋だったのです。

プレジデンシャルスイート I シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート01


部屋はBウィングの最上階です。

プレジデンシャルスイート I シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート02


部屋の面積が120㎡、バルコニーも広々62㎡
室内にジェットバス、屋外にもジェットバス、バルコニーの椅子の数は少なくとも8客はあったと思います。

プレジデンシャルスイート02リビングテレビ

ドアを開けてすぐ見えるリビングルーム。入った時は大音量でニュースが流れていました。

プレジデンシャルスイート03入って右

入り口入ってすぐ右を見るとこんな感じ。お金持ちの方のお洒落なお宅訪問みたいな気分です。

プレジデンシャルスイート04入って左

入って左。小部屋があります。

プレジデンシャルスイート05ゲストトイレ手洗い

その小部屋は手洗いとトイレでした。外から来られるゲスト向けのトイレという感じです。

プレジデンシャルスイート06リビングダイニング

リビングの奥がダイニングルーム。広々としたテーブルの周りに6客の椅子があります。

プレジデンシャルスイート07キッチン

ダイニングルームの隣がキッチンになっています。
勝手口があったので、お客さんによってはシェフを雇って休暇を過ごす方がいるのかと思います。

プレジデンシャルスイート08ベッドルーム

ベッドルーム。キングサイズのベッドがデーンとあり、娘が前の部屋で使っていたエキストラベッドが脇に運ばれていました。

プレジデンシャルスイート09ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは通り抜けできます。一面の棚にどんだけ物を入れるのだか、収納スペースはいっぱいです。

プレジデンシャルスイート10室内ジェットバスとテレビモニター

室内にもジャグジーが備わっています。この奥には普通のバスタブ、シャワールームもありました。

プレジデンシャルスイート11室内ジェットバスとテレビモニター

室内のジャグジーに入りながらテレビも見られるようモニターが付き中央に丸い大きなソファーがありました。
それにしても広々していてゴージャスなお部屋。

ホテルマネージャーが「他に何かありませんか?Mrs○○?」とおっしゃったので大急ぎで頭の中で考えました。
「明日主人が17時の便で帰国します。出来れば空港送迎の時間まで部屋とクラブラウンジを使わせてもらえませんでしょうか?」

とっさに思いついた事だったのですが、聞いてよかったです。
「勿論。ごゆっくりお寛ぎください。」と快く受けてくれました。名刺を頂き何かあったら私までご連絡を、と部屋から退出されました。

楽天トラベル

プレデンシャルスイートはシェラトンの中でも特別な1室。今まではホテルのHPから個別に申し込みをするようだったのですが
楽天トラベルに特別価格で提供されているのを見つけました。

しかも1泊約20万円(3人くらいまではこの料金)はするシェラトンラグーナグアムリゾートで一番の部屋が12~13万円程
安い!3人で泊まれば一人1泊4万円でこの贅沢な部屋に泊まれるんです。

1泊12万円を「安い」と感じるのは実際にこの部屋を見てこの部屋ならと思えたからなのですが
一生に一回の新婚旅行や記念日に、ここに泊まれば思い出深いものになることと思います。

行きたい心が胸の中でむっちゃざわめいています。
関連記事
スポンサーサイト